お問い合わせ

お知らせ
News

2022年05月19日お知らせ

空き家を放置すると何が起こるのか?

出雲市では「第2期出雲市空き家対策計画」が発表されました。

「第2期出雲市空き家対策計画」

↑ 詳しくはこちらをご覧ください。

残念ながら第1期より空き家が増えているようです(;^_^A

 

 

行政や民間、NPOなどで継続して空き家対策をされていますが

 

 

それ以上に空き家の発生が加速しているようです。

 

 

まだまだ「空き家」に対する認識が所有者様に伝わって

 

 

いないのかもしれませんね。

 

 

空き家を放置すると何が起こると思いますか??

 

空き家を放置してもすぐには変化は起きません。

 

ただし、すぐには起きませんが必ず悪い方向に行くのは確かです。

 

例えば、夏になると庭の雑草が成長し茂みになります。

 

茂みになるとやぶ蚊などの様々な虫の発生源になり

 

その虫を狙ってほかの昆虫や動物たちも集まってきます。

 

次に衛生上有害な害獣や害虫が発生します。

 

害獣としてねずみが有名ですね。

 

ねずみは寒さに弱いので、寒さをしのぐために人家に

 

住みつきます。空き家は天敵(人?)もいないので

 

あっという間に繁殖してねずみだらけになってしまいます。

 

害虫被害で多いのは、シロアリとハチですね。

 

シロアリは湿気のある場所を好むため、窓を閉め切った空き家は

 

絶好の住処になります。

 

管理されていない空き家ですと、以上の事が間違いなく

 

発生します。

 

発生するとなにが起こるのか??

 

 

「家屋の倒壊」です。

 

倒壊すればご近所の迷惑になるのは当然ですが

 

生命の危機も考えられます。

 

倒壊は免れているにしても、庭木や雑草を放置していると

 

害虫や害獣を発生させたり、落ち葉を飛散させたりと

 

ご近所に迷惑を掛けてしまうのは間違いないです。

 

 

空き家を所有している場合は、必ず適切な管理が必要です。

 

最近では空き家管理を代行する業者も増えてきました。

 

しかも管理費も以前より少額になってきましたね。

 

ニーズが多くなってきたからでしょう。

 

忙しくて管理できないと思われたら、

 

まずは管理を任せてみる事が大事だと思います。

 

 

 

 

アーカイブ